· 

新型コロナウイルス拡大防止に……BCGワクチンの効果検証の動き

新型コロナウイルス

感染した方たちは、大変な思いをしているでしょうし、

肺炎になった時には、重症になることが多く、

亡くなった方々もいらっしゃいますので、

感染しないように気をつけることは大切なことだと思っています。

 

でも…

行動を制限する程、恐怖・不安を感じる必要のあるウイルスではないように感じています。

 

感染者が増えてはいるけれど、爆発的に増えているわけではありません。

 

インフルエンザなら、学校ですと、ある子がインフルエンザにかかった場合、

座席が近い子たちが次々と感染します。

 

ある時、隣のクラスが学級閉鎖になった後、私が担任していたクラスの子たちの中に感染者が出始めた時がありました。

その時は、学級閉鎖になったクラス側の扉に近い席の子たちから感染していきました。

欠席者の座席を見れば、ウイルスが広がっていった様子がよく分かる程なのです。

 

 

でも、今回は、人口の多い東京ですら、

インフルエンザほど広がっている様子はありません。

 

インフルエンザで亡くなる方の数は、

毎年、数千人、多い年には1万人以上だそうですから、

新型コロナウイルスがこれからもっと広がったとしても、

インフルエンザを大きく越えることはないようにも思えます。

 

 

 

そんなことを考えていたところ、

BCGワクチンと新型コロナウイルスの関係についての情報を知りました。

 

BCGワクチンの接種が義務付けられていない国での発症率がとても高いそうです。

 

確かに、日本では、多くの人が接種を受けてきています。

そのおかげで、感染しにくい、感染しても重症になりにくい、ということが起きているのかもしれません。

 

ただ、日本もBCGワクチンが義務付けられていなかった時期があり、

高齢者の方の中には接種を受けてない方たちもいらっしゃるようです。

 

BCGと新型コロナウイルスに関する情報は、こちら

 

BCGワクチンの効果を検証する動きが出ていて、

日本人は、多くの人がBCGワクチンを接種済み。

安心できますね。

 

ただ、他の感染症と同じように、対策は必要だと思います。

よく寝て、しっかり食べて、ストレスをためない。

うがいや手洗いをしっかりするなど…。

 

 

自分も周りの人たちも、元気いっぱい、笑顔で楽しんでいる未来をイメージして、

今日も、素敵な一日にしたいと思います。

 

 

<前へ>                              <次へ>